売るならこうしよう!文字盤からベルトまで

文字盤やベルトの傷は高級腕時計の買取査定の対象

所有している高級腕時計を買取業者に売るなら、できるだけ高く売るための心掛けが欠かせません。腕時計の状態によっては、買取の査定額にマイナスの影響が及ぶ場合もあるため注意を要します。 時計の買取業者に高級腕時計の査定を依頼すると、鑑定人はまず時計の状態を詳しくチェックして買取価格を決定するのが一般的です。その際に、文字盤やベルトの部分に傷が付いていると、時計の評価額が下がる恐れがあります。高価買取を目指すのであれば、文字盤やベルト部分など目立つ箇所をできるだけ傷めないよう、日頃から保管方法に気を付けなければなりません。普段から大切に扱ってきた高級腕時計は、高値で買い取ってもらえる可能性が高くなります。

部品交換可能なパーツは売る前に交換するのも方法

時計の買取業者によっては、文字盤やベルトに多少の傷があったとしても、買い取ってもらえる場合が多いです。それでも傷が無かった方が、より高値で売れるかもしれません。特に大きな目立つ傷がある場合には査定を下げる要因を解消する対策を行うことも、高値で高級腕時計を売るテクニックの一つです。 文字盤やベルトは、時計の中で交換が可能なパーツに分類できます。特にベルト部分は、時計にあまり詳しくない一般人でも比較的交換しやすいパーツであり、代わりの部品と工具さえあれば自身でも交換は可能です。そこで時計の買取業者に査定してもらう前に、大きな傷が残っている文字盤やベルトを交換してしまえば、査定額を下げる要因は解消します。