高級腕時計についての歴史

有名ブランド時計には意味がある

時を刻むだけの時計が宝飾品に匹敵するまでの貴重品になる有名ブランド時計、しかしある日突然そうなったわけではなく長い歴史がそれぞれにはあります。その中でも特に有名なブランドにオメガがあります。 オメガはスイスが誇る有名時計ブランド、その歴史は1948年ルイ・ブランがショー・ド。フォンで開いた町工場に始まります。1882年に現在の所在地ビールに移転1894年にあまりにも有名なキャリバーオメガを制作、これがのちの社名になる。1965年スピードマスターはアメリカ航空宇宙局の公式腕時計になることで世界に認められた高性能時計として認知される。映画アポロ13にも登場しています。信頼性に絶対の信頼のおける名品は地球を飛び出し宇宙でも活躍しました。

精密であるが特殊な手入れは不要

大事な名品ではあるが、あまりにも取り扱いが難しいのでは我々庶民には所有することに躊躇させられてしまします。しかしオメガでは1999年に時計師のジョージ・ダニエルズが開発したユーアクシャルという新設計の時計が出現、これは画期的な新設計で機械式の時計心臓部において世界初の動力伝達システムの採用により、アンクル爪ガンギ歯の摩擦抵抗を0に限りなく近づけることに成功した。これにより様々な負担のあるメンテナンスが不要になり、10年以上もオーバーホールなしで作動続けることが可能になったのです。逆に言えばそれまではいつもオーバーホールの手間と時間とお金がない人は腕時計を所有することができなかったということになります。 この時ようやく我々庶民でも腕時計が持てるようになったのです。売り買いされる際もオメガなら安心という定評が立ったのはこのおかげです。